ガジェット

【10年間iPhoneユーザーだった私がメイン端末をpixel5にした感想】

こんにちは。

突然ですが私はiPhone4sを始めに、今に至るまで10年もの期間iPhoneを愛用してきましたがこの度Android端末であるPixel5に乗り換えました。

まずiPhoneからAndroidに乗り換える事に不安がある方に向けて箇条書きで気になるポイントを抑えますので、そこから先は気になる方だけ読んでいただけると幸いです!

【ポイント】

・Type-Cはやはり便利
・自分にあったスマホを選択できる
・Android OSも慣れれば使いやすい
・発色がキレイなスマホが多い
・AirDropはなくてもなんとかなる
個人的感想

さて、ここからは私のiPhoneからPixel5に乗り換えて感じた感想をただツラツラと述べていきますので興味のない方はページバックしてくださいね!

この感想はあくまで私の主観となりますのでご了承ください。

今年もiPhone12の発表を楽しみにしており当然iPhoneを購入する気でいました。

しかし、発表を見た際に感じた正直な感想は、「あれ、またカメラ??」でした。

確かにCPUの向上、エッジの効いたデザイン、他にもアップデートされた項目は多数あります。

しかし、発表でアピールしていたのは大部分がカメラ性能。思えば去年も同様でした。

毎年カメラ性能がアップデートされるのはもちろん良い事ですが正直どのスマホ業界をみてもカメラアピールばかり、、比べるのはナンセンスですが一眼ユーザーとしては最近のスマホのカメラ競争はどんぐりの背比べで、その微妙な差で差別化を図るのは難しいし面白くありません。

昔はAndroid端末に比べ、iPhoneの性能がカメラも含め平均的に勝っていた事は確かでiPhoneを買っていれば間違いありませんでしたが、どうでしょう。現在はその差は限りなく縮まったのではないでしょうか。むしろスペックだけで比較するのであれば多数のAndroid端末がiPhoneに勝っている例もあります。

その為まだ伸びしろのあるカメラで勝負するしかなくなったのではないでしょうか。

つまり、なにが言いたいのか。

iPhoneを選ばなくてはならない理由がなくなったのです。

ただし、Appleユーザーとしては他のApple系端末との相性というのが引っかかってくる問題があるかと思います。

私もその一人でMacBook、iPadを所有しており、それらとの相性を考えると端末としてだけの問題だけではないと思っておりました。しかし、Apple系のOfficeソフト等は使っておらず正直不便に感じるのはエアードロップが使えなくなることくらいでした。

さらに!一番引っかかったのは皆さんも耳にタコができるほど聞いておられるかと思いますがLightning端子です!!!!

私が主に使用しているApple製品はMacBookとiPad Proです。これらは全て端子がUSB Type-Cです。

しかしなぜiPhoneだけ謎の端子Lightningを採用しているのでしょうか。。

そこには変えたくとも簡単には変えられない事情があるのでしょう。しかしユーザーからしてみればそんな事は関係ありません。不便な端末なら10年来のヘビーユーザーでもバッサリ切り捨てます。

端末はiPhoneしか持たない。そんな方にとっては大した問題ではないでしょう。

しかしAppleヘビーユーザーになることによって不便になる。という謎深き現象が起こってしまうのです。

話が長くなりましたがこれらの不満を感じ私はGoogleから発売されたPixel5にメイン端末を乗り換えました。

Pixel5を3週間使用した感想としましては非常にバランスの取れた優秀なスマホでiPhoneじゃなくても良い。

むしろハードの取り回しとしてはType-C端子が採用されているPixel5の方がやはり使いやすい。その様に感じました。

そしてとても軽い。

iPhoneXs,11の重量は缶コーヒーとほぼ同値で常に重いという印象は持っていました。しかしPixel5は感覚としては3分の2ほどの重量感で非常に軽く感じました。

そしてバッテリーも約4000mAと大容量でかなり充電持ちするなという印象も持ちました。

OSの感覚としては慣れですね。やはりOSのUIなんかはiOSの方が洗練されていると感じました。しかしストレスを感じる事はまずないかと思います。

他にはやはり指紋認証がこのご時世にはとても便利です。Pixel5は背面の絶妙な場所に指紋センサーが搭載されております。

iPhoneを使っていた頃はモバイル決済時に慌ててマスクを下げて決済に手間取るといったことが多くありました。

それが解消されたことは明確に感じ取る事ができるかと思います。

そしてやはり外出時に持っていくケーブルをType-C一本にできたことは大きいです。

家でもケーブルを削減することができ、部屋が多少なりともスッキリしました。

Type-Cは給電だけでなく全てではありませんが映像出力等にも対応しており一説には将来的にはこの世の端子を全てType-Cに置き換えることも可能とまで言われております。

なので今や様々な機器にType-Cが採用されており、iPhoneにも採用されることが熱望されているのです。

あと驚いたのがPixel5の発色の良さです。今までiPhoneで見ていたInstagramの写真が全くの別物に感じるほど鮮明に感じました。

これは一度使ってみないとわからないかと思いますので是非検討中の方にはご自身の目で確かめて頂きたいです。

これらを踏まえて私はiPhoneからPixel5に乗り換えて非常に満足できました。

もちろんiPhoneはType-Cでない事以外を除けば決して悪いスマホではありません。むしろデザインからシステムまで洗練された素晴らしいスマホである事は間違いありません。

ただ、ガジェット好きとして進化が面白くなくなってきている、全ユーザーが選ぶ理由も薄くなってきているという風に私は感じました。

なのでiPhoneからの乗り換えに迷っている方の後押しにでもなれば幸いです!

あくまで主観での感想ですがここまで読んで頂きありがとうございました!

CATEGORIES & TAGS

ガジェット, , , ,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事